みなさん、こんばんは

私ごとで恐縮ではございますが、先週の金曜日から
本日の午前中まで、風邪で寝込んでおりました。

こんなこと、初めてです。。。

気持ちは年齢に、抵抗してしまいます。。。

みなさん、風邪にはくれぐれも、注意をしてくださいね。

さて、事業を行う上で、「借入金」の存在を
意識することもあるかと思われます。

この「借入金」という存在ですが、短期的な資金調達としてでありましたら、
来て行ってこいの関係で終了しますので、特に気にはしないと思います。

ところが、長期の借入金となりましたら、お話がかわってくることも、あります。

長期の場合には、借入額が大きい場合がありまして、
この場合には、支払利息も大きくなってしまいます。

目安としましては、平均の月商の3倍から5倍までにとどめたいところであります。

これが、6倍以上になってきますと年商の半分以上という状態になりまして、
せっかく本業で稼いだ利益も、利息の支払いに「旅立つ」こととなりまして、
さらには、毎月、元金の返済に追われはじめることにも、なりかねません。

事業経営は、本当に、たいへんです。

ご静聴を、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2015.01.13 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿