FC2ブログ
みなさん、こんにちは。

もう、すっかり「冬」の寒さが定着しましたね。

僕は今朝、間違えて夏用のスーツを着てしまいまして、
着替えようとしましたら、隣にいる人から、

「いける、いける!」と、言われてしまいました(笑)

着替える時間がギリギリでしたので、今日は夏用のスーツです。。。

さて、本日は、相続税の改正によるご相談がありました。

その方は、まったく相続税の心配をする必要のない方でありますが、
世間があちらこちらで、「相続税の改正!相続税の改正!」
と騒ぎ立てるものですから、心配されたようでした。

そういえば、一時は相続対策として、高価な「金の仏像」を購入する方が
いらっしゃる時期がありました。

仏壇やお墓など、毎日手を合わせる日本古来の風習に属するものには、
相続税を課税しないという考え方を活かしたものです。

しかし、しかしです。。。


相続後に、金の仏像を「売却」する際には、低額での譲渡となるケースが多いとのことです。

それは、なぜかと申しますと。。。

「金の仏像」の作成代ですね。

つまり、彫りあげる代金が、とても高額であることが原因とのことです。。。

「ああ、相続税をはらった方が、安かったかな。」

と、なる場合があるそうです。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2014.12.08 Mon l 相続税 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿