FC2ブログ
みなさん、こんにちは。

とうとう、12月になりました。

今年もあと1ヶ月です。

がんばりましょう。

さて、本日はお客様が当事務所へ税務相談にこられました。

いろいろお話をしているなかで、交際費等についての詳しいご説明を
させていただきましたので、少しお話をさせていただければと思います。

法人税法では、かつては10%が課税されている時代がありまして、
その時代には、一人当たり5,000円以下の飲食代については、
一定の事項を記載した書類に保存により、
交際費等からはずせていました。

平成26年4月1日以後開始事業年度からは、さらに、一人当たり5,000円を超える
飲食代については、一定の事項を記載した帳簿の保存により、
50%相当額も法人税法上の損金(費用)とできることになっています。

中小企業のについては、最終的には、800万円までは損金算入できますので、
場合によっては、大いに助かる場合も、あります。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2014.12.01 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿