fc2ブログ
みなさん、こんにちは




 先週の日経に三井物産と

三菱商事が純利益1兆円を突破との

記事がありました。



 30年位前だと小国の国家予算が

2兆円~3兆円と聞いたことがあったので、

国の国家予算の半分を繰越利益として

留保するんですね(驚)



庶民の私には

こんな大金だとピンときません(笑)

まあ世界のお金持ちだと普通の感覚でしょうね。

壺



 さて、相続について考える場合に遺産分割の方法として

お亡くなりになった方が生前に遺言書を作っている

場合があります。



 遺言書はご自分がお亡くなりになった後の

遺産の分配を書いているものですが

トラブルを防ぐのに大きな効力を発揮します。



 そう、相続が 「 争う族 」に発展することを

防ぐ役割を持っています。



しかし、問題も含んでいます。



 まず、相続は民法で誰がいくらもらえるかが

決められていて、相続税法では誰がいくらの税金を払うのか

が決められています。



 そこで、まず起こるのが 「遺留分 」という

問題です。



おっと、この時点でかなりの長文に!


この続きは次回へとつないでいきます。


それでは、本日もご清聴を、ありがとうございました。


いづま会計事務所のオフィシャルホームページは、こちらです → いづま会計事務所



スポンサーサイト



2023.02.13 Mon l 相続税 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿