fc2ブログ
みなさん、こんにちは




最近涼しくなってきましたね。

 扇風機をつけて寝ていると

朝方は寒いくらいです。


 さて、新しいお客様と契約のお話をしていると

最近は経営者の意識がかわったな~と

思うことがあります。


 それは、小規模な会社や個人事業主で

「領収書を渡すので現金出納帳も作ってください。」

という方が多いことです。


 国税庁は会社に仕訳帳と総勘定元帳という主要な帳簿と

現金出納帳などの補助的な帳簿作成を

義務付けています。


 昔はこれらの帳簿は大企業・中小企業を問わず

簿記の知識を持っている事務員さんを雇って

会社で作っていました。


会計事務所で作るのは総勘定元帳くらいでしたね。


今でも中企業以上になると同じ状況です。


 しかし、小企業や零細企業になると

事務員の方を雇う給料がもったいないのかして雇わず

会計事務所に領収書から丸投げを求める経営者の方が

多くなってきました。


それでも奥さんが作っていればまだ良いです。


 そりゃ料金を払ってくれるなら仕事ですからしますけど、

本来は現金出納帳くらいは会社で作らないと

お金の流れの感覚がなくなってきて売上高しか意識しない

経営になってきてしまいます。


 変な話になりますが、小口現金から小銭がなくなってしまうことも

気付かないと慢性化してしまいます。

小さな横領が日常的になってしまうこともあるでしょう。


 経営はお金の流れを把握している状況でないと

資金繰りの感覚も正しく準備できなくなってきます。


 なので、現金出納帳と売掛金・買掛金の管理表くらいは

会社で作った方が良いと思います。


おっと、またもや長文になってしまいました。

それでは、本日もご清聴を、ありがとうございました。



いづま会計事務所のオフィシャルホームページは、こちらです。→ いづま会計事務所









スポンサーサイト



2022.08.29 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿