fc2ブログ
みなさん、こんにちは




コロナの猛威がすごいですね。


 弊所のお客様の周辺の方たちがコロナに感染したとの

お話をよく耳にする様になりました。


 テレビでも病院の受け入れ態勢が崩壊し始めていると

言っていました。


気をつけないといけません。


さて、最近の質問で多いことがあります。


それは、土地と建物を売りたいがその取得時期はどうなるのか?です。


 自分で買ったものであればすぐに判明しますが、

贈与の場合にはどうなるのか?

相続の場合にはどうなるのか?


 贈与でもらった土地と建物の場合には、

贈与者(贈った人)が買った日となります。


 相続でもらった土地と建物の場合には、

被相続人(死んだ人)が買った日となります。


ややこしいですね。


 しかし、これは土地の譲渡の場合には

大きな問題となります。


 土地の譲渡は所有期間が5年以下と5年超では

譲渡所得に対する税率が大きく変わります。


 贈与や相続でもらった土地を売る場合は、

気を付けてくださいね。

それでは、本日もご清聴をありがとうございました。


いづま会計事務所のオフィシャルホ-ムペ-ジは、こちらです。 → いづま会計事務所




















スポンサーサイト



2022.08.08 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿