みなさん、こんにちは


 もうキョーレツな暑さが連日続いていますから、

梅田の地下街の飲み屋さんからビールが

「おいで~おいで~」と呼んでいる様な気がしてしまいます(笑)

気のせいですね。

 さて、相続のご相談を受けていますと中には親と兄弟が

二つに分かれ、弁護士をつけ、泥沼化しているご家族も

いらっしゃいます。

 まだ遺言書が出てきて「○○に全財産を渡す。」であれば

解決の糸口がありますが、

遺言書がなく、遺産分割の話し合いもされないまま

相続開始となった場合、円満に遺産分割協議が進行すれば良いのですが

仲良く進まない場合も当然、あります。

 こんな時には、家庭裁判所の力を借りることも

一つの方法です。

 家庭裁判所に調停の申し立てをして、調停委員会の人たちにアドバイスをもらいながら

双方で話し合い、遺産分割協議の調停をしてもらいます。

これにより話し合いによる合意ができれば、解決となります。

しかし、上手くいかなければ今度は審判に移行します。

 審判には法的強制力がありますから、その内容に従って

遺産を分割することになります。

ところが、ところがですよ!

 この審判でも「不服や!」となった場合には、

裁判に突入することに、なります。

 こうなると、結果にかかわらず兄弟姉妹の関係が壊れる可能性が高く、

関係の修復が難しくなります。

なので、なるべく事前に時間をかけて話し合いをしておくべきですね。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。




当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
スポンサーサイト
2016.07.14 Thu l 相続税 l コメント (2) l top

コメント

No title
こんばんは~。
私もしょっちゅうビールに呼ばれていますが
おなかの出具合が気になり
ちょっと自制しています。('◇')ゞ

相続って、大変なときがあるそうですね。
そりゃあ人間ですから、欲も出て来るでしょうけれど
それで家族がぎくしゃくするのは嫌ですね。
妻の両親が亡くなったときは、姉妹でかなり円満に解決していました。
あれは、横で見ていても、嬉しかったです。(^^)
2016.07.15 Fri l ジェイジェイ. URL l 編集
No title
ジェイジェイさん


コメントをありがとうございます。

ビールはお腹に集中して肉化しますもんね~。

相続問題でギクシャクすることが多いですね。

所詮お金ですから、今あるだけ・今ないだけ。

ほどほどで「どうぞ!」とすれば、仲良く暮らしていけるのにと思う時が。。。

奥様の相続円満解決は、目指して欲しい姿ですね!

多くの人にこの事例を知って欲しいです。
2016.07.15 Fri l 出間(いづま)税理士. URL l 編集

コメントの投稿