みなさん、こんにちは


 昨日は終日、税務署の無料税務相談員として

税務相談をしてきました。

 大変な人の数で、最後まで人の列が

途切れることは、ありませんでした。

税務申告書類である確定申告書の作成。。。

 やはり納税者の方にとっては、専門知識が身に付いていないと

困難であると再認識をしました。

 だからこそ、いつでもお客様の要望に応えられるように、

さらに熱く精進しようと思います。

 さて、不動産所得の確定申告において大きな影響があります

「事業的規模」ですが、その要件としては、次の通りとなります。

1.マンションなどで、賃貸用の独立した部屋数が10室以上である。

2.賃貸用の独立家屋が5棟以上である。

おおむね、この要件が基準となります。

 また、不動産を購入するための借入金の

支払利息にも注意が必要です。

 不動産所得が赤字となっても、

土地購入分の借入金の支払利息に関しては

他の所得との損益通算ができないこととなっています。

気を付けてくださいね!

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPは、こちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2016.02.10 Wed l 所得税 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿