fc2ブログ
みなさん、こんにちは


来月10月5日から、マイナンバーの通知が始まりますね。

 さて、本日はそのマイナンバーにつきまして、税務書類に関する記載は

いつからなのか?ということを記載させて戴けましたらと、思います。

まず、給与所得については平成28年の源泉徴収票から記載が始まります。

以下、各税務署類へマイナンバーの記載時期について箇条書きで掲げていきます。

・所得税や贈与税びついては、平成29年1月以降に提出するものから

・法人税については、平成28年1月1日以降に開始する事業年度に係る申告書から

・消費税については、平成28年1月1日以降に開始する課税期間に係る申告書から

・相続税については、平成28年1月1日以降の相続又は遺贈に係る申告書から

・法定調書については、平成28年1月以降の金銭等の支払等に係るものから

・申請書や届出書等は、平成28年1月以降に提出するものから

と、なっています。

 マイナンバーについては管理措置が一番大変であり、組織的管理措置・人的管理措置・

物的管理措置・技術的管理措置の4つの措置を行わなければなりません。

 これには、お金も時間もかかってしまいますので、

中小企業にとっては、とても負担になるという声も聞いております。

 個人番号が不正な取扱いをされた場合には、罰則が懲役刑や多額の罰金と

なっており、会社にも何らかの罰則がきますので、本当に注意が必要となってしまいます。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。




当事務所のオフィシャルHPは、こちら →出間会計事務所
スポンサーサイト



2015.09.04 Fri l 業務全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿