来年の10月に、またまた消費税率が上がるねと、友人たちと話をしていました。

友人たちは税理士業界とはまったく異なる業種の仕事をしています。

中には、事業をしている人もいます。

お話の途中で「はっ」と気づきました。

「みんな、消費税のことを知らない・・・」

仕組みのことを、少しお話ししました。

まず、消費税の仕組みを簡単に。

「消費税は、買う人が売る人に払います。そして、その買った人(次に売る人ですね。)から次に買う人が払います。
続けていくと、最後には一般の人が払います。まとめると、売った人は、買った人から消費税を預かっているだけで、売った人が買った人の代わりに国に納税しているんだよ。最終的に、消費者の負担になります。」とお話しました。

友人たちは、「うんうん、そこまで考えたことなかった。」といいます。

次に、「事業として、対価性のある資産の譲渡や資産の貸付け、役務の提供が課税の対象になるんだけど、中には非課税のものがあるんだよ。たとえば、土地を売った場合とか。」といいますと、

友人たちは、「知らなかった。。。」といいます。

そうなんです。土地の使用は、「消費する」という考え方になじみませんから、土地を売っても消費税はかかりません。

こんな具合に、本来は消費に広く薄く課税するという消費税創設の趣旨から考えれば、非課税取引は原則として設けるべきではないんですが、性格上課税の対象としてなじみにくいものや、社会政策的配慮から、13項目に限定にして、非課税取引が決められています。

あまりお話を続けますと、税法マニアとしての自分が目覚めそうでしたので、友人たちにいやがられる前にお話を終了しました(笑)

消費税は身近な税金ですが、意外と中身が知られていません。

大きな売り買いを予定する場合には、事業計画額に大きな差が出てしまいますから、皆さん気をつけてくださいね。



当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2014.09.02 Tue l 消費税 l コメント (2) l top

コメント

消費税難しい!
分かってるようで、素人には難しいのが、消費税ですね。

確定申告のときにいつも苦しみ、結局、税務署に行って教えて

もらってましたが、今年こそはと思いながらも・・・・・・?
2016.06.30 Thu l モトヒロ. URL l 編集
Re: 消費税難しい!
モトヒロさん


こんにちは。

コメントをありがとうございました。

ご返信が遅くなってしまい、すみませんでした。

 消費税法は日常生活に近しい存在ですので、

いつも何となく感じていますから、

何となく知っている気がします。

でも、そのメカニズムと理論の深さは流石、国税法。

とても難しいです(^^)
2016.07.04 Mon l 出間(いづま)税理士. URL l 編集

コメントの投稿