本日は、一日中、会計処理などの内勤をしておりました。

パソコンと向き合いながら心の汗をかき、肘から指先までの筋肉を鍛え、肩こりの進行を感じていました(笑)

お客様の中には、広告業のかたがいらっしゃいましたので、資料を見ながら勤務時代の担当先を思い出しました。

その当時のお客様は自宅の1階で飲食店業を営んでいたのですが、あるとき、その屋上に「看板を置かせてください」と、ある会社の営業の方がみえられたそうです。

社長がお話を聞いておられて、そのお値段のお話になったそうです。

営業の方がお伝えしたそのお値段とは・・・

「年間、1億円」だったそうです。

そのお話を聞いたときは、僕も、驚きました。

なんでも、その社長の自宅ビルの前には高速道路がはしっていて、その屋上に看板を立てると、ちょうど運転席から良い具合の位置で見えるからだそうです。

社長は、そのお話を快諾なさいました。

ところが、翌年度にはその看板は取り外されることに。。。

近距離のところに、もっと良い具合の位置で見えるビルができたことが理由だったそうです。

でも社長は、その1年間の設置料で借入金の大半が返済できたと喜んでおられました。(もちろん、しっかりと税金を納められていましたが。。。)

スポットでの収益が発生しても、どうしても先に、税金のことを考えてしまいますね。




当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2014.08.28 Thu l 業務全般 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿