上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさん、こんにちは


 随分とご無沙汰をしていましたにもかかわらず、

毎日ご訪問をしてくださいまして、誠に、ありがとうございました。

感激しております。

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 また、来年から始まります大阪商工会議所主催の

セミナー交流会の講師を1月に務めさせていただくことと

なりました。

機会がございましたら、どうぞご参加くださいね。

さて、前回の続きですが「個人事業者が法人成りする場合のメリット」には

あと一つあります。

それは、「対外的な信用度が大きい」ということです。

 法人の場合には、複式簿記によるキチンとして帳簿の作成・登記による

第三者の法人内容の確認が可能などの理由により、

得意先や仕入先の信用が得やすく、また、

金融機関からの融資も受けやすいという点です。

 会社は法律により人格が与えられた存在であるだけに、

その活動には多くの「記録」という制約が義務付けられて

しまいます。

 しかし、その大変な制約分の恩恵がしっかりと

与えられているんですね!

 また長くなってしまいましたので、

デメリットは次回へと繰り越させていただきます。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。




当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
スポンサーサイト
2016.11.30 Wed l 法人税 l コメント (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。