みなさん、こんにちは

もう、1月も終わりそうですね。

僕は、月曜日が期限になっております法定調書合計表や
支払調書などの作成及びチェックに、がんばっています。

いただきました資料に足らないものや、判断に困るものを
調べたりで、机から離れられません。

しかし、これは、とても「幸せ」なことだと、しみじみ感じております(嬉)

さて、本日は税理士会が主催する「確定申告の打合せ」に、
参加をしてきました。

税務署の方がお話をされている中で、「ああ、そうだろうな」と、
いくつか思うことがありました。

その中で、消費税について、少し、お話しをさせていただけましたらと、思います。

消費税率が5%から8%にUPされましたが、中には、
5%のままで計算をしても良いものが、いくつかあります。

しかし、申告をする方で、このことを知らないですべて8%で
計算をしてしまう方がいらっしゃるそうです。

そりゃ、そうでしょうね。と、思いました。

なので、一度、調べてみることが良いと思います。

もったいないです!

それと、復興税につきまして、昨年は記載漏れがとても多かったそうです。
復興税に慣れていませんから、自分で書き込みの場合には、
ついつい忘れてしまうんでしょうね。

国税庁のHPで作成をしましたら、自動計算をしてくれますから、
ずいぶんと楽になると、思います。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2015.01.30 Fri l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

「あっ」という間に、1月が終わろうとしています。。。

あと2日も残っていますので、熱く過ごそうと思います。

本日お客様から、中間申告・納付についてのご相談がございました。

この中間申告・納付とは、通常は前期の確定税額の実績に
基づきまして、6/12ヶ月分が税務官署より送られてきまして、
申告・納付の流れになります。

大抵の場合には、毎年似たような経営成績となりますので、
それほど苦痛には、なりません。

ところが。。。

たまたま前期の売上高がグーンと伸びましたために、
前期の確定税額がいつもより高額になってしまったときには、
翌期の中間納付額も、いつもより多くなってしまいます。

これはこれで、前期に儲けが出た分で納税をすれば良いですから、
問題には、ならないと思います。

ところが。。。

前期のこのケースで、当期になって業績が著しく悪化をしてしまった
場合には。。。

中間納税のための資金が、ツラクなってしまいます。

税務署も、よほどのことがないと、納税の猶予をしてくれません。

なので、この状況を回避するための方法として、
「仮決算による中間申告」という方法を、お話させていただきました。

これは何かと申しますと、簡単にご説明をさせていただきます。

事業年度開始の日から6ヶ月の期間を一事業年度とみなしまして、
決算・申告をするというものです。

この方法ですと、赤字の状況でありましたら所得金額も赤字に
なる場合が多いですから、税金は少額となりまして、
前年度実績による中間納付額よりも納付額が、
著しく減ることに、なります。

税理士の仕事は、知恵の世界でもあることを、
あらためて考えました一日でした。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.29 Thu l 法人税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

昨日、録画されておりました「ルパン三世」を観まして、感動いたしました。

他の人のために危険な目にあってまで、助けにいく姿。。。

「人としての在り方」を、感じてしまいました。。。

さて、本日は法人税法につきまして、簡単ではありますが、
記載をさせていただけましたらと思います。

法人税法では、ザックリといいますと、青色申告をしております中小企業が、
取得価額30万円未満の減価償却資産を取得しました場合には、
全額を、「損金(企業会計でいう費用に相当します。)」に
算入することができます。

(ただし、上限は、300万円までです。)

節税によく使われていますね。

これは、租税特別措置法(むずかしい名前ですね。)という優遇規定
によっていますので、期限があります。

この特例規定ですが、固定資産税との関係が、生じてきます。

固定資産税では、10万円未満の資産で全額を損金算入したものと、
20万円未満の資産で3年の均等償却を選択したものが、
申告対象外となって、固定資産税がかかりません。

しかし、しかしです。。。

上記の30万円の資産につきましては、
固定資産税の対象となってしまいます。

気をつけていただけましたらと、思います。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.27 Tue l 法人税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

もうすぐ、2月になりますね!

日々を全力で、仕事に励みたいと気合を入れております。

さて、ちょろちょろと、確定申告のご相談がはいって参りました。

と言いましても、知り合いの年金をもらっている方やサラリーマンの
方です。

この方たちの申告に関する特徴はと申しますと。。。

それは、ズバリ!

「所得税の還付」です。

公的年金等の方や給与所得のみの方につきましては、
雑損控除や医療費控除、住宅ローン控除を受けました場合には、
所得税の還付が受けられる可能性が、あります。

中には、上場株式等の配当をうけておられる方も、おられました。

この場合には、配当所得となるのですが、総合課税方式と分離課税方式との
選択をしなければならなくなって、おります。

上場株式等の売却損失がある場合には、分離課税方式を選択しますと、
配当所得から株式の売却損を引くことができますので、
所得税の還付が受けられます。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.26 Mon l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

錦織さん、すごいですね!

「鍛える」っていうことの成果を、あらためて教えていただきました。

どんなことにでも、全力を尽くして飲み込んで、成長したいと思います。

本日、宅急便が出間会計事務所に届きました。

宛名をみますと、なんと、勤務時代に仲良くしていた同僚でして、
今は一般企業に勤務されています。

驚きまして、「懐かしいな~」と思いながらドキドキして包みを開けてみますと、

「御陣中見舞い」と記載が、されていました。

中身は、江戸時代から続いている老舗の和菓子屋さんで作られています、
高級和菓子でした!

さっそく先程、ご自宅に御礼のお電話をしました。

いろいろ思いで話などをしておりましたら、その話のなかで、

「 そろそろ確定申告の時期だろうから、繁栄してほしいという願いを込めました 」と,
言ってくださいました。

「ジーン」と、きました(涙)

「グッ」と、きました(嬉)

永く会っていない人や遠くの人が、自分の知らないところで
自分の繁栄を祈ってくださっている。。。

あらためて、「 感 謝 」という気持ちを、深くみつめました。

どんな小さなことにでも、感謝の気持ちを自然にもてることが、
本当の繁栄なのだな!と、考えることが、できました。

本日も、ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.23 Fri l ご縁があって。。。 l コメント (2) l top
みなさん、こんにちは

いつの間にか、1月も終盤にむかっていますね。

1日1日を、大切に、熱く打ち込みましょう。

さて、今日は消費税の中間申告について、記載をさせていただければと思います。

法人税や法人住民税などは、前事業年度の確定税額が20万円を
超えておりましたら、6ヵ月を経過した日から2月以内に、
申告納付すれば、終了です。

しかし、消費税につきましては、異なります。

まず、前課税期間(会計でいうところの、前期です。)の確定消費税額が
48万円以下の場合には、中間申告は、ありません。

そして、48万円を超え、400万円以下でありましたら、6ヵ月に1回で
終了です。

ところが、ところがです。。。

400万円を超え、4800万円以下の場合には、
3ヵ月ごとに、中間申告・納付をしなければなりません。

さらには、4800万円を超えていましたら、毎月です。
11ヵ月ずーーーっと、毎月、申告・納付をしなければならないことに、
なっています。

ある時に、「400万円を超え、4800万円以下の場合」に該当する
時が、あるのです。

気がつかない時には、直前に資金調達に走らないと
いけなくなって、しまいます(汗)

みなさん、消費税の中間申告には、注意をしてくださいね。

それでは、ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.22 Thu l 消費税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

私ごとで恐縮でございますが、キョーレツに、風邪をひきずっております。

治りそうになっては、こじらせの繰り返しでして、
鼻水とせきが、まるで、友達のようになっております。。。

まだ、鼻ちょうちんは、つくっておりませんが(笑)

さて、本日は人に関する費用につきまして、簡単ではありますが、
記載をさせていただけましたらと思います。

月次分析をしていますと、上記のことに遭遇することがあります。

人件費とは、役員報酬やお給料のことだけではなく、通勤手当や社会保険料の
会社負担分、健康診断料や福利厚生費などの、「間接的な費用」も
含まれます。

基本としまして、この人件費なるものは、売上高の増減により
変動するものではありません。

しかし、前期に比べて著しく売上高がダウンをしまして、
業績が悪化してきた場合には、大きなポジションを築くことになってしまいます。。。

会社の発展と働く社員の生活のために、
会社の経営状態と経理情報を共有することで、
共に乗り越えることが必要であるのかもしれません。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.21 Wed l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

ちまたでは、インフルエンザにやられている方が、多いようです。

こまめにマスクを、つけたほうが良いですね。

さて、今月は給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表と、
各種の支払い調書、
給与支払報告書の作成及び
税務署と市町村への提出が義務付けられて、おります。

数字の集計および確認に、割と時間とエネルギーがいりますので、
早め早めに取りかかるほうが安心です。

明日は、早朝から気合をいれて、がんばります。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.19 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

はやいもので、新年になってから半月がたちました。

早起きをしてみましたら、なんと、気合がみなぎるのを感じました。。。

今年の習慣は、「早起き」に決定です。

うすい本を買いましたが、1時間で半分も読むことができました。

驚きです。

さて、本日は、法人税法における「貸倒損失」につきまして、
簡単に記載をさせていただけましたらと、思います。

貸倒損失につきましては、簡単にいいますと、「債権が回収できない」
状態になったときに、法人税法上では損金(会社会計での費用にあたります。)
にすることが、できます。

所得がへりますから、税金が少なくなります。

この適用のためには、細かい適用要件があります。

債権者集会の協議決定があるとか○○法の決定があったとか、
全額回収できないことが明らかであるとか、
取引停止時・最後の弁済期・最後の弁済時で最も遅いときから
当期末まで1年以上経過しているとか。。。

実際には、ちゃんと督促している内容や状況や日時などの証拠を
税務調査では、求められることになります。

法律ですから、当然の細かさだなーと、思うくらいです。

なので、キチンと記録と証拠をのこしていただければと、思います。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.15 Thu l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


今朝出かける前に、息子に「ミニカー貸して」といいましたら、

「あかん」、と言われてしまいました(笑)

さて、本日は、すこし年金をもらっている方や保険会社から満期保険金を
もらった方につきまして、簡単に記載をさせていただけましたらと思います。

結論から申しますと、年金につきましては収入金額が400万円以下の場合には、
確定申告をしなくてもよいことになっています。

しかし、確定申告により所得控除や税額控除をうけましたら、
源泉徴収されております所得税が、還付される可能性が高いのです。

なので、年金をもらっている方は、確定申告をすることをおすすめします。

ちなみに、年金は公的年金と個人年金(保険会社や信託銀行から、もらうものです。)
とがありまして、所得の計算方法が違いますので、
注意をしてくださいね。

つぎに、満期保険金ですが、一時にもらうものは「一時所得」となりまして、
年金として毎月もらうものは、「雑所得」となりますので、
気をつけていただければと思います。

そろそろ、確定申告の準備をはじめられている方も、
おられると思います。

僕も、税務署での無料相談に行く日が決まりました。

大変だと思いますが、少しづつこなしていければ、安心ですね。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.14 Wed l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんばんは

私ごとで恐縮ではございますが、先週の金曜日から
本日の午前中まで、風邪で寝込んでおりました。

こんなこと、初めてです。。。

気持ちは年齢に、抵抗してしまいます。。。

みなさん、風邪にはくれぐれも、注意をしてくださいね。

さて、事業を行う上で、「借入金」の存在を
意識することもあるかと思われます。

この「借入金」という存在ですが、短期的な資金調達としてでありましたら、
来て行ってこいの関係で終了しますので、特に気にはしないと思います。

ところが、長期の借入金となりましたら、お話がかわってくることも、あります。

長期の場合には、借入額が大きい場合がありまして、
この場合には、支払利息も大きくなってしまいます。

目安としましては、平均の月商の3倍から5倍までにとどめたいところであります。

これが、6倍以上になってきますと年商の半分以上という状態になりまして、
せっかく本業で稼いだ利益も、利息の支払いに「旅立つ」こととなりまして、
さらには、毎月、元金の返済に追われはじめることにも、なりかねません。

事業経営は、本当に、たいへんです。

ご静聴を、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.13 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん

あけまして おめでとうございます。

本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、本日から本格的に当事務所の業務がはじまりました。

昨年でのふがいなさを踏み台にして、今年こそ、走りきって
目標にタッチできるように、がんばろうと思います。

さて、本日お客様から「源泉所得税の徴収」について、ご相談がありました。

複数の事業所からお給料をいただいている場合には、どのようにすれば良いですか。
との内容です。

源泉所得税の徴収は、通常、源泉徴収税額表によります。

その場合には、主たる給与と従たる給与にわけなければ、なりません。

どのようにわければよいのでしょうか。。。

扶養控除等申告書を提出している事業所から支給されますお給料が、
「甲欄」適用として、源泉徴収されます。

それ以外の事業所から支給がされるものにつきましては、
「乙欄」適用となりまして、高額の源泉所得税が徴収されることに
なっております。

税務調査におきまして、源泉徴収税額については確認されますので、
みなさんには、ご注意をしていただければと思います。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2015.01.08 Thu l 業務全般 l コメント (2) l top