上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさん、こんにちは

とうとう、本年の最終営業日がやって参りました。

ブログを始めましたのが、今年の8月末頃でございましたが、
気がつけばライフワークの一環になっておりました。

私のつたない文章で構成されておりますブログに
多くのみなさまがご訪問をしていただきましたこと、
心より感謝をしております。

今年は出間会計事務所の成長の年でありました。

家族・親戚・友人・顔も名前も知らなかった親切な方々からの協力や
温情を受けさせていただきましたおかげで、なんとか成長経営をすることができました。

来年は、「 飛 躍 の 年 」として、位置づけております。

いままで多くの方たちから、「幸せのボールのパス」を頂戴してきましたので、
一年でもはやく、今度はぼくが、「パス」をできるように、頑張ろうと思っております。

あくまで、「生涯一見習い」の気持ちを貫いて、熱い心と育てつづける知識をもって、
来年度は、さらなる成長を目標としております。

みなさん、今年は本当に、ありがとうございました。

来年度も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

それでは、ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
スポンサーサイト
2014.12.30 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

まだ12月29日なので、今年はあと2日もありますね(笑)

僕は、資料の整理に追われております。

整理整頓は、毎日することが大切ですね。。。

さて、日経の朝刊で、来年の法人税率が下がるという内容が
記載されておりました。

中小零細企業に対する、救済措置のいっかんであるようです。

その法人税率を下げた分は、どうなるのかと申しますと。。。

簡単に申しますと、大企業に対して赤字であっても課税されてしまいます、

「外形標準課税」という「法人事業税」の税率を上げることで、
補完をするというものでありました。

大企業からは、「よりたくさんの税金を」いうことですね。。。

来年は、さらに、「中小零細企業や個人事業」を救済していただけます
救済措置が出現することを、期待してしまいますね。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.29 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

もう12月28日になって、しまいました。

僕はまだ、今年中に成長したいことがありますので、
「あと3日も、あるじゃないか!」と、今年にしがみついております(笑)

先日、同じ時期に、同じく0件で開業をしました友人の税理士と
食事をさせて、いただきました。

そのお店での滞在時間は、なんと5時間です(汗)

お店の方、本当に、すみませんでした。。。

友人とは、いろんなことを楽しく歓談をさせて、いただきました。

彼も、開業から長い期間、僕と同じく「毎日が、日曜日」
だったそうです。

それでも、あきらめずに多くの創意工夫をしているうちに、
少しずつ少しずつ、お仕事をいただけるようになったそうです。

そして、彼も、僕も、目指している税理士像が同じであることがわかりました。

それは。。。

「謹厳実直であること」です。

僕たちとお客様とのお仕事は、お互いの信頼感からスタートをして、
二人三脚で進んでいき、ゴールをするね。と意見が一致していました。

そのためには、僕たちがまず、高い人格に近づかないといけないね。

と、大きな目標を2人で設定してしまいました(汗)

そのためには、まずは目の前の決めたことを実現するために、
今は、努力と継続が必要だと思っています。

人みな師匠とは、よく言ったものです。

今回で、また一つ気づかせていただきました。

ご静聴を、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.28 Sun l 業務全般 l コメント (2) l top
みなさん、こんにちは

まだまだ、12月は続きます。

1日に、全力を注ぎましょう!

今日は、本当に久しぶりの友人の税理士と、一杯する予定があります。

これが、最後の忘年会です。。。

一緒に楽しくお酒が飲める方がいることに、感謝ですね。

さて、本日は、お客様から源泉所得税の納付書につきまして、
その書き方のご質問がありました。

給与と賞与、そして、報酬分に加えて不足額と超過額の両方がありまして、
おまけに繰越超過税額もある場合です。

一枚の納付書とはいえども、これだけが混在しますと、
慣れていないとむずかしいと思います。

年一回なので、忘れがちなのですが、納付額は0円でも納付書は
提出しましょう。

そして、くれぐれも「繰越超過税額」は記載をしてくださいますよう、
よろしくお願いいたします。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.26 Fri l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは

昨日は、メリークリスマス・イブでしたね。

帰宅途中の街並みは、ジングルベルの雰囲気につつまれていました。

僕にも「サンタクロース」がきてくれるかもと期待をしましたが、

朝起きても、枕もとには何もありませんでした(涙)

さて、年賀状の作成などに、みなさん大忙しだと思います。

かくいう僕も、いろんなことに時間を消費しております。

ようやく年末調整が終わったと思いまして、ホッとしたのもつかの間。。。

さらには、来年、2/16から3/15までの期間の確定申告のことが、頭をよぎりました。

そこで、少し確定申告の手順などを、記載させていただけましたらと思います。

まず最初に、最寄りの税務署などで、確定申告書を入手してください。

次に、源泉徴収票や必要経費の領収書、各種控除をうけるための証明書、登記簿謄本などを
御用意してください。

そして、申告書に必要事項の記載をしまして、税額計算をいたします。

最後に、税務署へ提出いたします。

その際には、控えの用紙にも同じ内容を記載しまして、税務署で受付印をいただき、
来年度の参考として、使用します。

簡単に手順を記載しますと、上記となります。

また、時期がきましたら、詳しく記載させていただければと思います。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.25 Thu l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

本日は、ようやく年末調整が無事に完了となりまして、
明日からは資料の整理や月次分析に入れそうです。

さて、今朝の日経新聞におきまして、大阪の開運グッズ販売会社の脱税に伴いまして、
40歳代後半の税理士が、逮捕されるという「悲劇」が記載されておりました。。。

毎年、何人かの「税理士逮捕」の記事を、目にしているように思います(涙)

その記事の中で、「使途秘匿金」なるものを発見いたしました。

これは、何かと申しますと。。。

簡単に申しますと、法人がした金銭の支出などのうちに、相当の理由がなく、

その相手の氏名や住所が帳簿に記載されていないものを、いいます。

もちろん、取引の対価ではありません。

このような支出が発見されますと、違法・不当な支出につながりまして、
公正な取引を阻害することにもなるという理由により、

「使途秘匿金の40%」を、法人税に加算することに、法人税法では
規定がなされております(怖)

法人税が増えるということは、法人事業税や法人住民税も、増えてしまいます。

そして、中小零細企業におきましては、とたんに、資金危機へと発展をしてしまいます。

しかし、健全経営がなされていましたら、まったく関係のない世界のお話ですね。

みなさん、よりいっそうの「健全経営」を、目指して参りましょう。

それでは、ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.23 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

本日は、給与計算及び年末調整の一斉計算を、行いました。

大人数になりますので、時間とのバランスが、とても大切になります。

特に神経を使いますのが、年末調整での取り扱いです。

各種申告書から始まり、支給控除一覧表、月別給与一覧表、明細書、超過・過不足額
の確認、流れ一切の確認、手計算確認などなど。。。

B型ですが、完全に、A型へと変貌をしまして、2人で黙々とやり続けました。

明日で、いったんの完了に着地しようと思います。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.21 Sun l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんばんは。

もう、お昼ごはんを食べに行ってもお店の中では
クリスマスソングが流れていますね。

それでも、12月はまだ、10日もあります。

はりきって、がんばりましょう。

さて、私ごとで恐縮ではございますが、今朝、出勤前に
診療所へよりましてレントゲンをとって戴きましたら、
骨折箇所の骨が、くっついておりました。

これで安心して、年末まで頑張れます。

さて、みなさんは損益分岐点売上高というものをご存じでしょうか。

平たくいいますと、損益分岐点売上高とは、売上高と総費用がトントンの時点。。。

つまり、当期利益が0円となる状態での売上高です。

最も有効に使うのでありましたら、目標達成額などを用いまして、
採算計算を行うことができますが、これは、非常に手間がかかる上に、
難しいです。

なので、「ここまでの売上高までなら、赤字に転落しないね。」や
「ここまで売上高を上げれば、黒字になるぞ。」といった観点から、
値引きや単価計算などの調整に、お使いになるのが良いと思います。

それでも、とても難しいのですが。。。

構造は、売上高から変動費を差し引いた金額(限界利益と、いいます。)から、
固定費を回収したものが、当期利益となります。

これも、難しいですね。。。

トントンの状態の確認にお使いになるのが、良いですね。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.20 Sat l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、お疲れさまです。

そろそろ、クリスマス・プレゼントをご用意される時期でしょうか。

僕も、小さな息子と甥や姪へのプレゼントを、決めなければなりません。

責任重大です(汗)

さて、本日は2社の会社にかかわっておられるお客様からの
ご相談が、ございました。

「連結をしてください」と、いうものでした。。。

ここで、2社での法人税法でのかかわりについて、簡単ではありますが
記載をさせていただければと思います。

この場合には、グループ法人税制というものと、連結納税というものが
存在してきます。

グループ法人税制とは、同一の株主や法人が50%超の株式を所有している関係の場合に
適用されまして、2社間での取引について、さまざまな制約がなされてしまいます。

該当しましたら、中小零細企業では、強制適用となります。

連結納税とは、親会社と子会社が100%の株式所有による関係の場合に、
所得と欠損金を通算することができるものです。

ちなみに、連結財務諸表は、上場企業が、対象です。

連結は、無理ですね。。。(涙)

お客様には、その旨を簡潔に、お伝えいたしました。

事業経営は、税法と二人三脚でハードルを越えなければなりません。

大変な世界です。

なので、今年の残り11日を、全力で、がんばりましょう!



当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.19 Fri l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

とても、寒くなりました。

気合を入れて、寒さを乗り越えましょう。

本日は、監査報告のためにお客様とお会いしました。

ひととおりお話が進行しました時に、社会保険のご相談が、ございました。

本来は「管轄外」なのですが、僕の持つ知識の範囲内でお話をさせていただきました。

2箇所から「給与」を頂戴されている、役員の方についてなのですが。。。

法人の場合には、強制的(要件の適合する、場合です。)に加入しなければならないのですが、
どうも、一方のみの加入になるのかと混乱されているようでした。

また、2箇所で加入すれば、保険証は2枚になるのかなども、懸念されているようでした。

まず、2箇所からお給料を戴いている場合には、両方の事業所からの
報酬を合算しまして、標準報酬月額が算定されまして、
保険料が両事業所ごとに、割り振りされまして、納付するという
運びになります。

また、保険証につきましては、メインとする事業所を被保険者の方が選択をし、
メインの事業所から、発行するということとなります。

ずいぶんと、安心されたようでした。

やはり、努力&勉強が、自分を育ててくれますね(嬉)

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.18 Thu l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

12月は、まだまだ続きます。

心を熱く、意識を集めて、仕事に励みましょう。

さて、事業をされている方につきましては、いろんな費用が出ていると思います。

水道光熱費や通信費、車の燃料費などなど。。。

お家でもお仕事をされている場合には、上記の費用を
すべて、事業費用にされている場合がありますが、
注意が必要となります。

基本的に、売上獲得に貢献するための「投下資金」が
費用となります。

企業会計の世界では、「費用収益対応の原則」と、言われるものであります。

当事務所のお客様におきましても、
「お家でも仕事をしますので、電話代及びFAX代は会社負担にしています。」
と、おっしゃっておられましたので。。。

事業用と家事用が混在している場合には、使用頻度などに応じて
事業用割合と家事用割合を決めまして、
その後、事業用に対応する割合分の支出のみが、
「費用」として計上されます。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.16 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

日に日に空気が、冷たくなって、参りました。

さて、年末調整に必要な「扶養控除等申告書」など、

従業員の方たちに作っていただけました各種の申告書が、

会社に集まってきていることかと、思います。


12月分のお給料におきまして、年末調整が行われたあとには

住民税などの手続きが、待っております。

年末調整が終わりまして、「ヤレヤレ」と思ってしまいますが、

油断できません。。。

税務署へ提出する必要がある方たちの源泉徴収票を

提出したあとには、年明けの1月31日までに、

従業員の方たちの住所地があります

各市町村へ、給与支払報告書と総括表を提出しなければ

ならないことに、なっております。

さらには、源泉所得税の納付書の作成及び納付、法定調書合計表の作成及び提出、

各種の支払調書の作成及び提出などが、待っています。

本当に、気が休まるひまが、ありませんね(笑)

経営とは、本当に、大変です!

みなさん、熱い心で、楽しく仕事をして、乗り越えていきましょう。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.15 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんばんは。

そろそろ、年賀状を意識しだす頃ですね。。。

宛名を「手書き」で出される方は、少しづつ始められているやも、知れませんね。

かくいう僕は、「手書き」ですので、明日から少しづつ書いていこうと思っております(汗)

さて、本日は、固定資産を取得する場合に必要となる、

「租税公課」の取り扱いにつきまして、記載をさせていただけましたらと、思います。

建物や土地など、高額な支出をともなう固定資産を取得する場合には、

印紙税や登録免許税などの「租税」を、支払うことになります。

さて、これらの税金は、どのような取り扱いをすると思われますか?

実は、法人税法におきましては、固定資産を取得するための「租税公課」は、
取得価額に含めても良いし、損金(法人税法における、費用のことです。)
にしても、良いことになっています。

なので、その事業年度での所得金額にあわせて取り扱うことが、できます。

ただ、消費税につきましては、土地の取得は「非課税取引」となりますので、
別段、かわることはありません。

建物の取得につきましては、「課税取引」となりますので、
その課税期間での「売上に係る消費税額」から、差し引いてもらえます。

そうです。

消費税の納付税額が、少なくなります(嬉)

場合によっては、「消費税額の還付」となることも、ありえます。

上手に使いましたら、節税と資金調達に、なりますね。

ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.12 Fri l 法人税 l コメント (1) l top
みなさん、こんにちは。

12月はまだまだ続きますので、「心を熱く」、仕事にがんばりましょう!

さて、当事務所では「年末調整」の資料が集まってきておりますので、
本日からコンピューターへのデータ設定を、開始しました。

そもそも、年末調整とは、なんぞや?と、思われる方もおられることと思います。

そこで、簡単にですが、記載をさせていただけましたらと、思います。

お給料とは、正式には「給与所得」といいまして、2/16から3/15日までの間に、
住所地の所轄税務署に確定申告をしなければならないものであります。

しかし、各人の納税事務負担を考え、その年最後の給与にて、申告を終了させるといった
「手続」のことをいいます。

内容としましては、その年最後の給与を支給する際に、正しい所得税の年税額を算定し、
その年税額と、期中に毎月、源泉徴収をされてきました所得税額との差額を算定しまして、
12月分のお給料により、過不足額を清算するというものです。

年末調整をする人は、本年最後の給与を支払う時までに、

「扶養控除等申告書」を提出している人となります。

ただし、本年中の給与の総額が2,000万円を超える人や、他に所得のある人
本年最後の給与を支払う時までに、「扶養控除等申告書」を提出していない
方などは、確定申告をしなければなりませんので、除かれます。

また、中途で就職をされた方につきましては、前職分のお給料や
社会保険料、税額などを含めて、年末調整をすることとなります。

年末調整をうけた方におきましても、年末調整の段階ではうけられない控除
(たとえば、「医療費控除」など)をうけることにより、
源泉所得税額の還付をうけようとする人などの場合には、
確定申告をすることができることに、なっています。

みなさん、扶養控除等申告書は、かならず提出をしてくださいね。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.11 Thu l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

12月も、中盤に入って参りました。

本日は、明日の朝に月次監査報告に行く予定になっておりましたお客様から、
「風邪をこじらせてしまいましたので、申し訳ないのですが、
来週に変更をしていただけないでしょうか。」との
お電話が、ございました。

電車の中でも、「ごほごほ」と咳をされている方が、よく見うけられます。

みなさんも、風邪をひかないように、気をつけてくださればと思います。

気合いを入れれば、風邪もすぐに治る!と僕は信じています。

さて、僕はボランティアで小学校から大学を対象に、「租税教室」という
講義をする登録をしております。

これは、税理士会で登録をすることにより、学生を対象に
租税に関する歴史や役割などの、講義を行うというものです。

ボランティアですから、当然、報酬はありません。

そして、そのDVDや教材が、昨日とどきました。

その量たるや、袋を開けてみますと、驚きました。

「ものすごい!」と、心の中でつぶやいたくらいの量でした(笑)

本日は「チラッ」と中身を読みましたが、読み出しますと、とてもおもしろく
「ああ、勉強になるなぁ」と思う内容です。

改めて、「なんでも勉強だなぁ」と感じました。

その後は、月次決算の分析です。

細かい論点を意識しながら、熱く集中をしていましたら、気がつけばA型に変貌をしておりました(笑)

その内容で、一つ。。。

みなさん、借入金月商倍率は、大切にしましょう!


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.10 Wed l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

もう、すっかり「冬」の寒さが定着しましたね。

僕は今朝、間違えて夏用のスーツを着てしまいまして、
着替えようとしましたら、隣にいる人から、

「いける、いける!」と、言われてしまいました(笑)

着替える時間がギリギリでしたので、今日は夏用のスーツです。。。

さて、本日は、相続税の改正によるご相談がありました。

その方は、まったく相続税の心配をする必要のない方でありますが、
世間があちらこちらで、「相続税の改正!相続税の改正!」
と騒ぎ立てるものですから、心配されたようでした。

そういえば、一時は相続対策として、高価な「金の仏像」を購入する方が
いらっしゃる時期がありました。

仏壇やお墓など、毎日手を合わせる日本古来の風習に属するものには、
相続税を課税しないという考え方を活かしたものです。

しかし、しかしです。。。


相続後に、金の仏像を「売却」する際には、低額での譲渡となるケースが多いとのことです。

それは、なぜかと申しますと。。。

「金の仏像」の作成代ですね。

つまり、彫りあげる代金が、とても高額であることが原因とのことです。。。

「ああ、相続税をはらった方が、安かったかな。」

と、なる場合があるそうです。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.08 Mon l 相続税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

もうすぐ、賞与の支給がはじまりますね。

経営者の方々も、その準備はばんたんになっていると、思います。

当事務所でも、賞与計算まっただ中です。

実は先日、家の中でねころんでいる息子を避けて歩こうとしたときに、
柱と左足の小指が、正面衝突をしてしまいました。

その瞬間ですが、さながら映画のロッキー(古いですね。。。)のように、

「ウオーッッッッ。。。」と叫びながら、片足でケンケンをしておりました(汗)

5分ほどしまして痛みが楽になりましたので、あまり心配はしておりませんでした。

うちの奥さんは、「そんなん1年くらいたったら、痛みは消えてるわ」。。。。

と、言っておりました。。。

その2日後の、昨日のことです。

朝に息子をしゃがんで(かかとを浮かせた、状態です。)抱っこをした、その時です。

小指に、痛みを感じました。

「や・ば・い」。と思いましたが、うちの奥さんは、

「大丈夫、大丈夫!私もそんなんあったけど、1年たったら、治ってたわ!」
と、言っておりました。(豪)

そのまま出勤しましたが、心配になりまして夕方に診療所へ行きました。

ドクターは、「はい、レントゲンをとりましょう。」

「はい、レントゲンを見てみましょう。」

「はい、ヒビがはいっていますね。」

「全治3週間です。まあ、正月までですな。」

と、半笑いでおっしゃいました。。。

僕と妻とでは、骨の太さと硬さに違いがあることが、わかりました(笑)

みなさん、清々しいお正月を迎えるためにも、

あとひと月の間は、慎重に、行動しましょう!

ご静聴を、ありあとうございました。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.05 Fri l 業務全般 l コメント (2) l top
みなさん、こんにちは。

テレビで音楽歌謡祭など「特番」が、チョロチョロと始まってきています。。。

こうなりますと、いやがうえにも「師走」を意識させられてしまいます。

まだまだ今年は続いていくという気持ちで、がんばりましょう(笑)

さて、本日は、経理担当者の方がいるお客様のお話を、
させていただけましたらと、思います。

ここは、弥生会計を使用しておりますので、当事務所のコンピューターに
データを変換しましたのちに、まずは、チェックから書類の作成までを、行います。

実は、この経理担当者の方は経理に不慣れであることが、発覚しました。。。

しかも、消費税の経理方法がややこしいことをしている。。。

本来は、こちらから修正箇所をお伝えして、終了です。

ですが、すべての段取りをこちらで作成したうえで、FAXを送信して
処理をしていただくことに、しました。

ところが。。。

ものすごく、時間がかかってしまいました(汗)

これでは、会社が自計化をしている意味が、ありません。

なので、会社のためにも、本人のためにも、当事務所のためにも、
経理担当者の方に、教えていくことにしました。

まとめて教えますと、パニックになってわからなくなると思いましたので、
当期末までに、ゆっくりと身につけていただくことにしました。

経理担当者の方が、テキパキと正確に会計処理ができましたら、
きっと仕事が今まで以上に楽しくなり、会社にとっても
よい影響がでることと思います。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.03 Wed l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

今日は、寒波がおそったそうでして、とても寒かったですね。

もう今週末あたりから、忘年会が始まりますね。

そういえば、かつて、立て続けに忘年会に参加していた方が、
言っていたことを思い出しました。

「毎晩、参加してたんやけど。。。
ある忘年会の時に飲んでたら、
だんだん腹立ってきてん。しんどいのに、なんで飲まなあかんねん。
って思ったら、飲んでて腹たってきてん。」と。。。

みなさん、忘年会の参加のし過ぎには、注意しましょう(笑)

さて、僕は先日、勤務時代に大変お世話になりました
番頭さんと、忘年会をして参りました。

番頭さんは、素晴らしい税理士です。

このブログの自己紹介におきまして、「尊敬する人物」として
記載をしております方です。

1年ぶりなんですが、不思議なものでして、
お会いしたとたんに、自然にえりを正しまして
「ご無沙汰しておりますっっっ。」と、礼儀正しくご挨拶をしておりました。

番頭さんは、僕の緊張をほぐそうとなさったのか、とてもフランクに
当時のままでお話をして、くださいました。

お食事をしながらお話をしていたのですが、僕が勤務していた時とは
内容がガラリと変わった、経営と深い仕事のお話を
おもしろおかしくしてくださいました。

僕が開業をしましたので、上司としてではなく、
「同じ目線でお話をしてくださっているんだなあ。。。」

と思いますと、とても、感動をしました。

この方は、昔から年下であろうが部下であろうが、
相手が自分よりも立場の弱い方であろうが、決して偉そうに上からものをいう方では、ありませんでした。

それは、今もかわらず、そのままです。

ためになるお話、おもしろおかしなお話、真剣なお話など、
いろいろと交えておりますと、気がつけば、お店が閉店時間です。

楽しいひと時は、あっという間に過ぎるものですね。

素晴らしい人格の方と出会え、おつきあいを続けていただけることは、
本当に、感謝をしなければいけないと、つくづく思いました。

今日は昨日の続きであり、明日は今日の続きです。

感謝とギブアンド努力で、がんばります。

ご静聴を、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.02 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは。

とうとう、12月になりました。

今年もあと1ヶ月です。

がんばりましょう。

さて、本日はお客様が当事務所へ税務相談にこられました。

いろいろお話をしているなかで、交際費等についての詳しいご説明を
させていただきましたので、少しお話をさせていただければと思います。

法人税法では、かつては10%が課税されている時代がありまして、
その時代には、一人当たり5,000円以下の飲食代については、
一定の事項を記載した書類に保存により、
交際費等からはずせていました。

平成26年4月1日以後開始事業年度からは、さらに、一人当たり5,000円を超える
飲食代については、一定の事項を記載した帳簿の保存により、
50%相当額も法人税法上の損金(費用)とできることになっています。

中小企業のについては、最終的には、800万円までは損金算入できますので、
場合によっては、大いに助かる場合も、あります。

当事務所のオフィシャルHPはこちら →出間会計事務所
2014.12.01 Mon l 業務全般 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。