みなさん、こんにちは



気がつけばもう5月直前になっており、驚いています。

みなさんはどうですか?

 さて、税理士の仕事を久しぶりに考えることがあり

自分なりに思ったことを書いてみます。

 経営コンサルティングやなんやとあおっている会社もありますが、

税理士試験には経営コンサルティングという科目はありません。

 税理士が無償独占業務として唯一、国に与えられている資格である以上は

税法と会計の専門家に終始すると思います。

だから、試験科目は税法と会計になっているんですね。

 やっぱり税理士の仕事は、税法と会計の専門家に

行きつくと思います。

 なので、最終的には税理士の仕事は

納税者の適正な申告と納税になりますね。

それでは、本日も、ありがとうございました。




当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
スポンサーサイト
2017.04.27 Thu l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは



確定申告時期から期間が空いてしまいまして、誠に、申し訳ありませんでした。

 にもかかわらず、いつも訪れてくださった多くの皆様には、

「感謝の気持ち」だけが湧いてきます。

本当に、ありがとうございます。

 これからはキチッと更新していきますので、

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

それと、先日、公益社団法人様から講演のご依頼をいただきました。

大変嬉しいです。

 ご縁がありましたら、これを見ている皆さんと会場で

お会いするかも知れませんね!

 さて、法人のお客様のお仕事をする時には、必ず帳簿の内容から

始まるんですが法人の場合には複式簿記による仕訳記帳が

法律で定められています。

 この仕訳記帳には簿記の知識だけでなく税法の知識も同時に

必要となりますので、大変難しいところもあります。

 それでも、すべてはつじつまで構成されていますので

最後にはバシーッと出来上がりますし、

その時の達成感は、本当に、たまりません。

 ただ、疑問点等が多数でてきたりお客様の処理が複雑にこんがらがっていたりすると

長時間考えることになりますので、当然、長時間手が止まってしまいます。

 しかし、これを解決した時には「素晴らしい作品」ができると同時に

自分自身の力が成長しています。

 そこから、今度は会社全体の分析に入るのですが

これもまた楽しみになってきます。

頂上で美しい景色が見られる山登りと同じですね!

だから、この仕事が楽しいのかも知れません。

それでは、次回もよろしくお願いします。




当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
2017.04.18 Tue l 業務全般 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは!



本当にご無沙汰をしてしまいまして、申し訳ありませんでした。

 税法セミナーをやったり、

京都に走り兵庫に走りをしているうちに、2ヵ月も空いてしまいました(汗)

 今週からは再びマメに更新をしていきますので、

みなさん、今後とも、どうぞよろしくお願いします。

 先週、大阪は北新地の高級クラブ経営者が逮捕され、

そのお店に脱税指南をしたとして、税理士がニュースに実名で

出ていました。

はい、私の事務所の近くです。

 「資料調査課の情報を手に入れられる」が殺し文句で

お客様を集めていたということです。

資料調査課とは、マルサと同じ情報収集力がある部署だそうです。

 税理士は税務署に信用をされているだけに、

今の時代はおかしなことをすれば一発で資格はく奪にされてしまいます。

 お金を残したいのはみなさん同じだと思いますが、

税法という法律を守らない帳簿や申告書は、

調べればすぐにその食い違いがわかってしまいます。

おかしなことが判明した後の罰を考えれば、

やはり法律を守ることが安心ですね。

それでは、今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。



当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
2017.02.07 Tue l 業務全般 l コメント (2) l top
みなさん、本日は連投です。


 先日、大阪商工会議所にて「神社仏閣めぐりが好きな方」というテーマの

交流会に出席してきました。

 私のテーブルでは男性・女性の数が半々くらいで

年齢層は高めでした。

 どこの神社の気が良いから行こうとか

秘仏の参拝方法を教えてもらえたりとか、

とても盛り上がり楽しいひと時でした。

やっぱり交流会は、楽しいのが一番ですね!

それでは、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
2016.09.16 Fri l 業務全般 l コメント (2) l top
みなさん、こんにちは



 昨日は、私が幼稚園の頃までお隣に住んでいました会社の社長から

お客様をご紹介していただきました。

さらにはお土産にたくさんの生わかめを持たせてくださいました。

そして、帰りは息子さんが車で送ってくださいました。

 せちがらい世の中といわれますが、

人に優しい方もいらっしゃる世の中でもあると

心が洗われた気持ちになっています。

 あらためて私も人に優しく生きていかなければと、

学ばされた一日でした。

 さて、キャッシュフロー計算書は一事業年度の資金の増減を

表したものですが、そこから読み取る情報を活かすことにより

初めて効果があらわれます。

3段階の流れになりまして、まずは営業活動の分野になります。

 営業活動は本業の資金の流れですから、ここがプラスにならないと

いけません。

 マイナスの場合には、本業から資金の余剰を生み出せなかった会社となり

翌事業年度には資金調達からスタートをすることになります。

 なので、前期に比べてマイナスに近づいていれば資金の枯渇に

備えていかなければなりません。

ここが大きくプラスでありましたら、投資活動へと考えていくことになります。

 営業活動キャッシュフローをみて資金の余裕がみられたら、

健全に設備投資を行うことができますし、投資活動をスキップして

万が一にために翌期へと資金を残しておくことも有効です。

次に、財務活動へ目を向けていきます。

事業活動を行う上で借入金の存在は多くの会社で見られると思います。

 この借入金の元金返済へ充てることでまだ多くの余剰がありましたら、

元金一括返済をしたり、また、株主への配当金支払いを行うことも

一つの方法となります。

 これら3つの活動を通して、一事業年度中に資金が増加したか減少したかを

確認することや事業年度末の資金残高はいくらあるのかを知ることも

大きなポイントです。

 この様にキャッシュフロー計算書は、会社の資金の流れを知ることにより

翌期の事業計画に役立てる効果があります。

 流れとしては、営業活動キャッシュフローでお金の余剰を生み出し、

投資活動キャッシュフローで健全な設備投資を行い、

財務活動キャッシュフローで借入金の返済と株主への利益の還元を

行うことが安定的なものとなります。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。




当事務所のオフィシャルHPは、こちら →いづま会計事務所
2016.09.09 Fri l 業務全般 l コメント (0) l top