FC2ブログ
みなさん、こんにちは


前回の続きとなります。

 前回に私が参加しましたセミナーの先生のお話が、

以前から私が感じていた事の大半をとてもわかりやくす

考え方と効果を網羅していたことをお伝えしました。

その先生のお話の内容は、

ズバリ!

「企業は節税でお金を会社から外に出すんじゃなく、

税金を払ってお金を会社に残しましょう!」

と言うものです。

 簡単に言いますと、企業経営はお金があって初めて

仕入と家賃などの費用を払うことができ、

その後から利益をまとって売上が発生し、お金を会社内に入れていきます。

このサイクルはず~~っと続きます。

 しかし、売上代金は何カ月か先に入りますし大きな売上高だと

請求書を渡せるまでに何カ月もかかり、さらに何カ月か先に

ならないと入金はありません。

しかし、人件費や仕入、家賃などの費用は毎月支払わないといけません。

 これが続くと、会社内の手元現金が豊富でない限り

毎月資金繰りに追われることとなり、

売上増加のための投資もできず、

精神的にも苦しみ、正しい経営判断ができなくなります。

 じゃあ、手元資金はいくらあれば良いの?

ということになります。

 あくまで前提は利益が出ている状態で、

月商の1ヵ月分だと臨時的な支出があるときは金策に走らないといけなく、

2ヵ月分だとまあ、少しの臨時的な支出でも耐えられます。

 月商の3ヵ月分だと、資金面では盤石になりますので、

目標は月商の2ヵ月分、理想は3ヵ月分を目指すことが良いです。

 賞与などの季節費用や臨時的な費用が出る場合には、

それこそ金策に走らないといけません。

だからこそ、いつも手元資金を確保しておかなければならないのです。

 毎月の利益から自力で確保できれば良いですが、

そうでない場合には、その方法は国金や金融機関からの融資となります。

また、なぜ節税を止めようかと言いますと、

経営者の方は法人税などを払いたくないがために

必要でもないのに無理に保険や器具備品などを購入し、

お金を社外に出す方が割といます。

 しかし、その節税の効果は少ない額で、

結果、お店に払うお金と節税額との正味の差額分が

会社の預金から減っています。

なので、その減った分のお金を会社はまた増やさないといけなくなります。

例:30万円のパソコンを買いました。(本当は、299,999円ですが、便宜上30万円にします。)

一括で費用にします。

実効税率40%とします。

お店に30万円の支払い。

節税額12万円。(本来払う税金が浮いた。)

正味、18万円の現金が会社から減りました。

 しかし、税金を払っていれば30万円-12万円=18万円

の現金が会社に増えることになります。

 極端ですが、もしもこの後に18万円の掛支払いができなければ、

会社は倒産です。

 しかし、18万円の掛支払いができれば会社は引き続き

存続します。

 なので、会社経営は「手元現金があって成り立つ」ので、

手元現金を確保しましょうというお話でございました。

節税は、この状態になった後に考えましょうということですね。

それでは、長文にて、失礼いたしました。

ご静聴、ありがとうございました。


当事務所のオフィシャルHPは、こちらです。→ いづま会計事務所











スポンサーサイト



2019.07.04 Thu l 法人税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


 毎日、当ブログを訪問してくださっている皆さま、

いつも、ありがとうございます。

更新が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 ようやく顧問先の融資支援の仕事がひと段落しまして、

またの機会に書かせていただきます。

 さて、先日、会社経営のお金に関して詳しい先生のセミナーへ

行って来ました。

 内容が素晴らしく、私も常々思っていたことを「かゆい所に手が届く」

お話しで「悦」に入ってしまいました(笑)

 会社経営者の方は売上高を伸ばすことに焦点を宛てておられる方が多く、

それはそれで間違いではないと思います。

しかし、良く考えますと。

 卸売業や小売業、製造業や飲食店業など

業種を問わずにまずは「仕入れや人件費、家賃」などの

費用の支払いが先に出てきます。

 大半の業種は、その後に売上として支出に利益を乗せてお金を回収する

流れを繰り返していくんですね。

その時です。

 すべて現金取引だとあまり問題(あくまで回収に限定してです。)には

ならないんですが、売掛取引の会社は非常に多く、

手形取引までしている場合には売上代金の回収に

時間がかかります。

 しかし、仕入れや人件費などの費用の支出は

毎月毎月やってきますので必ず現金が必要となります。

 「売上あがってるのにお金ないな~」と思われている社長の

悩みの原因は、コレですね。

 貸倒れが発生すると、さらにお金が入ってこなくなりますが

同じ様な額の支払いはまたやって来ます。

これらの金額が大きくなると「黒字倒産」に発展します。

 支払うお金がなく、手形が引き落とせなくなり不渡手形を出すと

銀行取引停止処分となり、この場合も倒産へ発展してしまいます。

 なので、売上高ではなく、手元現金を確保していくことが

会社経営には最も大切なこととなります。

 手元現金は月商の1ヵ月分では毎月資金繰りに追われてしまい

経営がいつも苦しくなります。

 おっと!長文となってしまいましたので、続きは次回に持ち越しと

させていただきますね。

それでは、ご静聴を、ありがとうございました。

当事務所のオフィシャルHPは、こちらです → いづま会計事務所
2019.06.05 Wed l 法人税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


連投です。

 確定申告期間については、一般の納税者の方を対象に

税務署が確定申告会場を用意しまして

税理士による無料の確定申告の作成指導をおこなっています。

 納税者の方が自力で決算書及び確定申告書の作成が

できるようにご指導をさせて頂くことが目的です。

私も2月に2回、出席をしてきました。

毎年ですが、もの凄い人・人・人でしたね。

作成のお話をしながら納税者の方に資料の整理から始めていただくんですが、

税理士も納税者の方もやはりそこは、人間です。

 世間話をしたりもする中で、「お名刺ください!来年はお願いしたいです。」

と嬉しい催促もあったりします(嬉)

 また、「節税する方法を教えてえや!」と言われる方もいましたが、

そんな時には税務署の職員が「おかあちゃん、コレみて!コレ!」

といって壁に張っている大きな紙を指さします。

 そう、自力作成の支援と決められた所得の作成指導だけに限定されているために

そこは防がれてしまいます(笑)

いろんなドラマが産まれた二日間でした。

 しかし、皆さんに共通していたのは

慣れている人もそうでない人も、

真剣に参加されている素晴らしいところでしたね。

大いに見習いたいと思います。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。


いづま会計事務所のオフィシャルHPは、こちらです。→ いづま会計事務所












2019.03.18 Mon l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


春の訪れとともに、確定申告が無事におわりました。

 個人事業をされている方や年金・給与の方の

還付申告をされている方も大変だったと思います。

お疲れ様でした。

 毎年のことなので「今年は早く完了させよう!」と

意気込みを持ってスタートするんですが、

念入りに考える癖がB型の私をA型に変えてしまい

「アレ原因を追究」「コレ再度確認」

「安心するまで確認」「納得するまで確認」

と、結局は今年も時間に追われる確定申告でございました(笑)

しかも、3/15にようやく「よし、全員の分が完了した!」

とホッとしているのも束の間、

な、なんと途中になっていた自分の確定申告を忘れていたことに気づきました。

滝汗です。

それでもなんとか申告をすることができました。

 折り返し時点の時期に気分転換に

「映画 シティーハンター劇場版」を観にいくことにより

再度、心にエネルギーを注入してきて後半を駆け抜けられたと

思います。

冴羽 遼、ありがとう。

 今年も新しいお客様たちとのお仕事が始まりまして、

なんだかんだと気分最高の確定申告でした。

 多くの皆様に感謝をしながら、

来年の確定申告に備えていこうと思います。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。


いづま会計事務所のオフィシャルHPは、こちらです。→ いづま会計事務所





2019.03.18 Mon l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


更新が大変おそくなり、本当に、申し訳ありません。

 いつもご訪問をしてくださっている皆さまには、

大変な感謝をしております。

 いづま会計事務所では有り難いことに、本年度の確定申告で

新たにお客様となっていただけました方々がいらっしゃいまして、

忙しくさせていただいております。

大変嬉しい!の一言です。

さて、ふるさと納税について少しふれていきたいと思います。

 寄附金はわりとややこしくその取り扱いが分けられていまして、

先日も弁護士の先生から税務相談がありました。

 寄附金は本来見返りのない善意による支出であり、

ゆえにその税法上での取り扱いは、優遇されています。

 支出の相手先によっては、所得税法の世界で所得控除と税額控除を

自分で有利な方を選択できるものもあります。

それとは別に、所得控除だけしか適用できないものもあります。

そして、住民税でも税額控除が認められているものがあります。

 ただ、住民税については、その都道府県・市区町村により

条例で定められていることが必要です。

 例えば、東京都での寄附をして条例で税額控除ができるものとなっていても、

大阪府でその寄附先への寄附が条例で住民税の税額控除ができると

定められていなければ、大阪府では税額控除が受けられないということに

なります。

ややこしいですね。

 ふるさと納税につきましては、所得税法では所得控除のみしか

適用されませんが、住民税では必ず税額控除ができることになっています。

必ず所得税と住民税でダブル控除ができること。

これが、ふるさと納税の最大のメリットなんですね!

おっと、気がつけば長くなってしまいました。

 また近いうちに、こんどは税務署での税務相談員についての

記事を書きます。

それではみなさん、本日もご静聴を、ありがとうございました。


いづま会計事務所のオフィシャルHPは、こちらです。→ いづま会計事務所




2019.02.24 Sun l 所得税 l コメント (2) l top