みなさん、こんにちは


ご無沙汰しておりました。

 個人の確定申告ですが、申告期限直前に飛び込みがあったり贈与や譲渡が来たり

資料が足らなく急いで揃えてもらったりなどハプニングもありましたが、

無事に完了できました。

が、休息も束の間。

 月次決算を急ピッチで進めている最中に

相続の相談が次々と!

 皆さん、顔も違えば人生も異なりますので相談内容も

色とりどりとなります。

 経営者もいれば経営者でない自然人(税法では、この様に定義しています。)の方もいて、

その中で共通しているのは、遺産の分配でした。

 最終的には、被相続人(財産所有者ですね。)の方の思いの強さが影響して

例えば、相続人Aさんには資産○○を(または○○円を)、相続人Bさんには資産○○を(または○○円を)

といった様に、各相続人に対する分与に差を出すケースが多いんです。

 子供のいない方などは、何十年も会っていない関係の希薄な親族に財産がいく位なら、

私にあげるか寄附をした方がましだ!と言ってたりします。

 相続税を下げる方法の相談が少ないので、多くの方はお金を使う方法や

無理に相続税を下げる危険をするのなら、払った方がましだと理解している様です。

相続財産の分配ですが、じつは、法律で分配の優先順位が存在します。

 民法で定められている分配取得の権利がありますが、これは法定相続分といわれ

第三順位となります。

次に、第二順位となるのが遺産分割協議です。

これは、相続人が集まって、相続財産につき誰が何をもらうのかを皆で決めることです。

 この場合が俗にいう「争う族」に発展していく可能性が高く、

極端ですが、畳一枚の取り合いにまで発展したりします。

 お互いに弁護士を出して優先取得の主張を裁判で行うこともままあり、

こうなると、もう元の関係に戻ることは難しいと言っても過言ではありません。

最後に、第一順位ですが、これは遺言です。

遺言により相続分が指定されると、これに従わなくてはならなくなります。

 基本的に、自分の財産をどの様に処分するかは本人の自由であるため、

相続でも本人の意思が尊重されるからです。

 ただし、AさんとBさんには分配するがCさんには何もあげない!

という場合には、問題が起こります。

 なぜなら、相続財産には各相続人の最低限の取り分である

「遺留分(いりゅうぶん)」というものが民法で定められているからです。

 したがって、原則として財産所有者が死んでからでは少なからず

相続がされてしまうことになってしまいます。

多くの理由があるはずですが、現実として、

相続財産の分配でもめるお話を聞くことは、なかなかのドライな精神が

必要となりますよ!

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。


いづま会計事務所のHPは、こちらです → いづま会計事務所








スポンサーサイト
2018.04.04 Wed l 相続税 l コメント (2) l top
みなさん、こんにちは



まだまだ寒さが続きますね。

 今日から確定申告が始まりましたが、梅田での税務署の税務相談会は

13日から始まっています。

今日からの対象は、事業所得と不動産所得に限定です。

 昨日まではそれほどの納税者の方の数ではなかったそうですが、

本日は確定申告の初日だからでしょうか、

かなり行列がず~~~っと続いていました。

 長く待ってお疲れでしょうに、真剣に申告書作成の指導に

耳を傾けて取り組んでいる方ばかりでしたので、

自然と私もサ-ビス精神が行動にでておりました(笑)

 しかし、やはり素人の方が決算書や申告書を作るのは大変らしく、

来年は税理士さんに頼むと思うとおっしゃっていた方がほうぼうにいましたので、

税理士業界もまだまだ上昇するかもしれませんね。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。



当事務所のオフィシャルHPは、こちら → いづま会計事務所

2018.02.16 Fri l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


あと一週間もすると、所得税の確定申告が始まりますね。

提出が必要な方は、早め早めの準備が大切ですよ!

税理士事務所に頼んでいる方も、早めに資料を渡した方が安心です。

さて、私は今月の早い段階で税務署の税務相談員になることが決まっています。

 簡単に何をするかと言いますと、納税者の方が確定申告に必要な資料を持参されて、

税務相談員の所へ誘導されるんですね。

そして、その所得に合わせて確定申告書の作り方を指導させていただくんです。

 ただし、納税者の方が自力作成することが前提ですので、

私が記載したり電卓をたたいて計算することは、一切ありません。

また、一人につき持ち時間が決められていますから長々とできないことになります。

 なので、税務相談会場へ行かれる方は、計算用としてあらかじめ申告書に

自分で計算をした金額を記載していけば、時間内に完成すると思いますので

是非そうしてくださいね。

それでは、ご静聴を、ありがとうございました。



当事務所のオフィシャルHPは、こちら → いづま会計事務所


2018.02.08 Thu l 所得税 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは


年が明けたと思っていたら、もう17日も経過していました。

時の速さには、いつも驚いてしまいます。

 さて、有り難いことに、年末に大阪府工業協会様から

新春年賀交歓会の招待状を頂戴しましたので、

喜々として参加をして参りました。

場所は、ホテル ニュ-オ-タニの大広間でした。

 きらびやかなシャンデリアの光のもとに、沢山の料理とお酒が用意されていて、

まずは、大企業の会長からの御挨拶から始まりまして、その後ぞくぞくと

テレビで見るような方々の御挨拶と乾杯が始まりました。

 場違いな気もしましたが、さらなる成長と発展のために考え方をかえて、

「自分はこんな場所に来れるまでに成長したんだから、

未来に向かってさらなる精進に努めよう」と思う様にしました(笑)

とても親切な方ともお会いできましたし、大規模な製造業の社長から

大変身になるお話を聞くこともできましたので、本当に、有意義なひと時でした。

お話しは変わりますが、償却資産申告書や法定調書合計表、給与支払報告書の提出や

贈与税・所得税・消費税の確定申告の準備などル-ティンワ-ク以外のお仕事が

集まりだす時期ですので、気合いを入れていこうと思っています。

それでは、本日もご静聴を、ありがとうございました。



当事務所のオフィシャルHPは、こちら → いづま会計事務所
2018.01.17 Wed l ご縁があって。。。 l コメント (0) l top
みなさん、こんにちは



いつも訪問してくださいまして、誠に、有り難うございます。

とうとう12/30(土)になってしまいました。

私だけが、本日出勤となってしまいました(笑)

毎年初日に一年の目標を決めて仕事始めにするんですが、

今年もすべてを達成することができませんでした(汗)

でも、良い一年でした。

 一月から商工会議所からの依頼で事業承継のお話をさせて頂き、

お客様もご紹介や飛び込みでご縁が広がりました。

 大阪市役所での税務相談を行い、税務署からの依頼で

事業経営者の方への記帳指導担当員を行っておりまして、

10月にはホテル日航大阪で事業承継の講演もさせて頂き、

12月の業務もすべて完了することができました。

 何より、素晴らしい人格の方達との出会いやふれあいは

とても勉強になりましたね。

 昨年の12月末に比べれば、少しは成長ができたのではないかと

自問自答をしております(笑)

 苦しいときもありましたが、ブログ仲間の方達のブログを拝見して

随分と楽になったことも多々ありました。

 来年は「いづま会計事務所」にとって、大きく飛翔するための

勝負の年だと位置付け、今から気合いを入れております。

新年、税務署での確定申告 税務相談員も決まっています。

 新年からは、スタ-トダッシュで12月のゴ-ルまで

休む暇なく走り続けようと思います。

みなさん、来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、清々しい新年をお迎えください。


いづま会計事務所

税理士 出間



いづま会計事務所のオフィシャルHPは、こちら → いづま会計事務所








2017.12.30 Sat l 業務全般 l コメント (0) l top